会社に連絡はいかないのか

カードローンを利用していて、カードローン会社から第三者へ契約内容を伝えるのは禁止されています。

 

普通にしていれば、カードローンの利用を知人などにバレる可能性はほとんどありません。ただし、申込み審査時には職場への在籍確認があります。私たちがカードローンの申込みをする時、収入だけでなく、勤めている会社名も申告します。

 

しかし、中には審査に有利になろうとして、嘘の会社名を申告する人もいます。カードローン会社は詳しく審査をするために、申告した職場に本当に在籍しているかを確認します。

 

確認の方法は主に電話で行われます。職場に直接スタッフが電話をかけ、申込み者が在籍しているかを尋ねます。とは言っても、実際には00さんはいますか、と尋ねる程度です。本人が電話に出られるとしても出られないとしても、返答から在籍していることが確認できれば、それで在籍確認は済みます。

 

在籍確認の電話を嫌がる人は多いです。しかし、それはカードローン会社もわかっているので、電話の際に会社名は絶対に名乗りません。あくまで個人名でかけてくるので、在籍確認の電話からカードローンの利用がバレる可能性はほとんどありません。もちろん在籍確認は何度も行われるものではありません。一度確認が取れればそれで終わりです。

 

ただ、専業主婦が銀行カードローンでお金を借りる場合などは、自身には勤務先は無いために連絡がない場合があります。本人や自宅宛の電話は入る場合がありますが、内緒で借りられる銀行の専業主婦カードローンの場合には配偶者の勤務先などへの連絡は入りません。